平塚市,玄関ドアダイノックシート

今回は玄関ドアのリフォームの様子です。

玄関ドアが張り付いて開けづらい、、、。管理会社様からの依頼です! 以前に塗装したらしく、塗膜の硬化不良なのかベタベタしていてビートパッキンに張り付く状況です。ウレタンですね💦爪で引っ掻いてもすぐ剥がれます。

ダイノックシートは張り直しが利かないので障害になる付属品を外していきます。

ドアポスト、ドアクローザー、ハンドルなど取り外し、既存の塗装をシンナーで拭き取り、不陸のポリパテ処理をしてからサンディングしていきます。作業のコツとしましては、私の場合必ず素手で異物がない事を充分に確認します。

専用のプライマーを塗り一気に張っていきます。

今回、防犯シリンダーの為、そこたけはとれずに施工となりました。

ちょっと心配な面もありましたが、強い風も吹かずうまくおさまりました。

ダイノックシートデジタルカタログはこちら      ~平塚市 玄関ドアダイノックシート~

過去ブログ一覧

投稿者: artcraft.blog

()

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。